ブログトップ

yasu's Glass Box Aqua

seyasu.exblog.jp

油膜

今日は、天気も良かったしへらぶな釣りに行きました。
釣果は聞かないでください。

以前使用していたもう1本の30Cは、親父に譲りました。
らんちゅうを飼いたいとか言ったので・・・。
正面のガラスに傷が付いていたので、使う気は無かったので良いんですが。
先日、大磯砂を底床にして立ち上げて、らんちゅうを入れたんですが☆になりました。

管理は親父に任せてたのもありますが、おかしいと思って水質調査したら、水がえらいアルカリに傾いていてこれが原因だったようです。
気がつくのが遅かった・・・。

釣りから帰ってから、100円ショップに行って酢を購入。
問題の大磯を水槽から出して、酢処理してます。

洗って干した砂利をバケツに入れて、酢で浸したら・・・凄い勢いで泡がぶくぶくと・・・。
これじゃー試薬が真っ青になるくらいアルカリになるのも納得。
処理が終わるまで、放置します。
☆になったらんちゅう君、ごめんね・・・。

ふと、水槽をのぞき込むとうっすらですが水面に油膜が出来てるようです。
Co2の泡がはじけずそのままになってます。

エアレーションで消えると思うけど、原因は何だろう・・・。
アクアジャーナルに載ってた記事だと、バクテリアが大量死した時に油膜出来るって書いてあったなぁ・・・。

したことといえば、急に冷え込んで水温が20℃切ったのでヒーターを仮設置したけど、もしやこれが原因?

明日、仕事から帰ったら水質の検査してみよう。
[PR]
by se-yasu | 2009-10-13 00:21 | 30C
<< 白点病発生 復活 >>